STEP2 情報セキュリティ対策

「人」「物」「金」に続いて、いまや「情報」は第4の経営資源となっています。
そして、その「情報」を有効に活用するのと同じくらい大切になるのが、
「情報セキュリティ」です。

情報セキュリティの事故が起こってしまった場合、様々な被害が発生します。
(出典:「中小企業が知っておくべき情報セキュリティ対策」)

〔直接的被害〕
・業務の停止
・情報の紛失、改ざん、漏えい
・対策費用の増大

〔間接的被害〕
・損害賠償
・公的な処罰
・社会的信用の失墜
・売上の減少
・社内の業務効率、モラルの低下

なお、「情報セキュリティ」には大きく分けて4つの領域があります。

・ウイルス対策ソフトやファイアウォールなど「技術」に関する領域
・コンプライアンスや運用、管理など「」に関する領域
・ルール作りやルールを守る取り組みなど「組織」に関する領域
・入退室、記録媒体の管理など「物理」に関する領域

しかし、悩ましいことに、セキュリティを高くすれば使い勝手が悪くなり、
セキュリティを低くすればリスクが高まります。
つまり、使い勝手とリスクはトレードオフの関係にある、と言っても
過言ではありません。

そこで大切になってくるのは、自社に合った情報セキュリティ対策を
  きちんと行うことです。

情報セキュリティにはいくらでもお金や時間をかけられます。
でも大切なことは、情報セキュリティ事故を起こさないことであり、
お金や時間をかけることではありません。

私たちは御社と一緒になって、御社の情報を守ります。

どうぞお気軽にご相談ください。